野村桔梗HP


2014年  著書『その猫に何が起こったか?』が、朗読劇『猫と裁判』として舞台化

2016年 著書『竹久夢二のすべて』が映画化され、題して『夢二〜愛のとばしり〜』として完成し、2015年9月ロサンジェルス日本映画祭でグランプリ受賞。2016年7月30日より全国公開。


美人画専門油絵画家 
現在制作中  
「日本の歴史美人」


2012年制作 「紫式部」100号

2016年4月


竹久夢二アトリエ 少年山荘にて


プロフィール&小説作品


野村桔梗(のむらききょう) 
        Kikyo Nomura

         油絵画家、小説家
  
          
                 桔梗近影
         2015年10月撮影 ロマン写真館

  

         
      小説出版
 

「竹久夢二のすべて」

駒草出版     http://www.komakusa-pub.jp/

ISBN-10: 490318658X

ISBN-13: 978-4903186580

発売日:2008/3/25

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/490318658X.html

哀愁ただよう「夢二式美人」で知られる孤高の画家、竹久夢二。遺された記録をもとに、数々の恋愛や関わった女性たちに焦点を当て、愛に生きた夢二の切ない人生を描く。

〔「夢二愛こそはすべて」(九天社 2004年刊)の改題改訂〕

           




「オガタマノキの館」

駒草出版    http://www.komakusa-pub.jp/

#単行本: 278ページ
#出版社:駒草出版(2007/5/26)
#言語 日本語
# ISBN-10: 4903186407
# ISBN-13: 978-4903186405

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4903186407.html 紀伊国屋書店

オカルトマニアである女流画家の北島美古乃は、偶然にも、幼少の頃からの夢であり、憧れでもあった洋館を「イワクツキ」を理由に格安の金額で借り受けることになった。竹薮に囲まれ、1本の大木が立つ瀟洒な洋館で個展への熱意を燃やす美古乃は、心身ともに病んだ離婚した姉と5匹の猫との新しい生活をはじめる。
元気を取り戻しつつも、どことなく怪しい言動が目立つ姉に不安を抱く美古乃。
そんな折、一匹の猫が館の中で行方不明に……。

            


              


 『その猫に何が起こったか? 
  What happend to the cat?』 

野村桔梗著  国書刊行会刊   

http://www.kokusho.co.jp/index.html


その猫は白い毛にブルーアイのやさしい猫だった。猫を誘拐?身代金一千万円?
思いもよらない展開・・・。その猫はいったいどうなるのか?
社会問題をクローズアップして猫を介した人間模様を描く異色のサスペンス小説。
猫のために彼女のために、あなたはいったい何度の涙を流すのだろう。
本当の猫好きに贈りたい大切な本です。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4336046786.html

ISBN:4336046786
サイズ:単行本 / 252p
発行年月:2005年03月
本体価格:1,500円(税込:1,575円)


「前代未聞の猫誘拐・身代金一千万円要求事件が発生?家族愛から遺棄され、乾ききった人間関係の中で無間地獄に堕ちた女をいやしてくれたのは青い瞳の猫だった。その猫が・・・・」国書刊行会・新聞広告紹介文より